イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

イメージ記憶法で関連付けをする

    ■結論から言えば・・・

    • 簡単に言うと、記憶すべきことをイメージ画像にする。
    • そして、それを関連することに結びつければ完成です。
    • 「ペリーの開国要求」⇨「ペリカンが口を開けている」。

この記事では、関連づけをすることによって記憶するイメージ記憶法を解説します。イメージ記憶法の手順は、記憶する対象と関連している、あるいは似ているものをイメージし、一緒に記憶してしまうという手法です。


スポンサーリンク




■似たものと一緒に記憶してしまう。

雪だるま

例えば、雪だるまを記憶するとき。雪だるまに似ているもの、つまり関連しやすくてイメージしやすい"鏡もち(もしくはお餅)"と記憶します。

勿論、雪だるまを記憶するのであって鏡もちを記憶してはいけません。雪だるまは白くて丸くて2段構造ですから、鏡もちのへの連想は容易です。

 

脳科学的にも、同じようなキーワードを持つものは同時に記憶しやすくまた思い出しやすいそうです。「えーっと、なんだっけ。ほら、鏡もちみたいに白くて丸いヤツ・・・あ!雪だるまだ!」という具合です。

イメージ記憶法とは、このようにイメージしやすいものを用いて覚えにくいものを覚えるという方法です。しかし、このイメージ記憶法には弱点があります。イメージするものがどんなものにでも連想できてしまう、汎用性の高いものであった場合、誤ったものを思い出してしまう。

「えーっと、あれ、鏡もちに似ている・・・雪見だいふく!」という具合に。記憶違いを防ぐには、例えば、だるまから連想するようにだるまも記憶しておくと、「鏡もちに似ているダルマみたいなゴロゴロした、雪だるま」のように、よりいっそう思い出しやすいと言えるだろう。

スポンサーリンク

 

 

いろいろな記憶術 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ