イメージ画像

五感をフル活用して覚える記憶法

    ■結論から言えば・・・

    • 人間の脳は、五感を伴う方が強く記憶する性質がある。
    • アンモニアを刺激臭と知る人は多い。それは実際に嗅いだから。
    • 黙読よりは音読、音声よりは映像。五感の動員を重視する。

漫然と教科書を読んでいるだけでは、なかなか頭にインプットされませんね。しかし、これが音読となると、途端に記憶の定着率が良くなります。情報が五感と関連付けられると、記憶から滑り落ちづらくなるからです。


スポンサーリンク




■身体を使って覚える。

皆さんもご存知の通り、人間には視覚、聴覚触覚、味覚、嗅覚の五感が備わっており、その五感を介して脳に情報を伝達しています。

この五感を司る部分をいかに活性化させるかによって、その記憶が長期間覚えるか、すぐに忘却するかを分けている部分があります。

脳

長期間しっかり覚えるには、五感を働かせるのも一種の手段なのです。五感を働かせて記憶する場合、働かせる感覚器官が多ければ多いほど、記憶は強化されやすく、長期間に渡って残りやすいとされています。

たとえば、本の内容を暗記する場合、視覚を使うだけの黙読よりも、視覚と聴覚を働かせて音読した方が、確実に記憶できます。また、さらに記憶を強固にするためには、本の内容を音読しながら紙に写すほうが、視覚と聴覚に加え触覚を働かせている分、より記憶できるでしょう。

 

例えば、写真だけで見た珍しい漢方よりも、実際に見てみたりした方がより記憶として鮮明になります。更に実際に服用しなくても、触ってみたり、においを嗅いでみたりした方がより強烈な記憶として残ります。

このように、五感をフル活用させた方が記憶に残ります。しかし、受験勉強で毎度五感をフル活用するのは難しいですね。したがって、可能な場合にのみ活用しましょう。音読は応用範囲が広いのでオススメです。

スポンサーリンク

 

いろいろな記憶術 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ