イメージ画像

右脳記憶と左脳記憶の違い

右脳と左脳に役割の違いがあるのは有名ですが、実は記憶についても役割が異なります。

右脳と左脳

まずは、それぞれの特徴を押さえましょう。有名なのは、左脳は言語系で右脳はイメージという説明で、だいたいその通りです。

したがって左脳記憶とは文字による記憶で少量しか記憶できません。
一方で、右脳記憶は、イメージによる記憶で大量に深く記憶できます。

残念ながら、受験勉強で使うのは、主に左脳です。しかし、右脳の使い方によっては記憶力のアップが狙えます。 左脳で処理される記憶は、顕在意識の記憶、簡単に言えば、心のなかで意識できる記憶になります。

 

一方で、右脳は、無意識での記憶です。簡単に言えば、「単語帳の●ページまで覚えよう」という意識的な記憶ではなく、無意識の状態で覚えてしまっている記憶のこと。今回はこの無意識の記憶を狙います。

それでは、どのように無意識の状態で膨大な量を右脳記憶できるのか?理屈は簡単で、左脳記憶が出来ない状態に追い込むと、右脳記憶せざるを得ない状態になります。例えば、普通では聞き取れないくらいの速さで文章を聞くことで(速聴)、左脳で処理することは出来なくなります。

 

しかし、ぼーっとして聞いていると案外内容が理解できているという現象が起こります。これが右脳記憶。その他、本の速読や母国語ではない会話など、左脳記憶できない内容だと右脳記憶せざるを得なくなる。

書店に行くと「速読記憶術」や「聞くだけ英語」などの参考書があるが、これは左脳記憶ではなく、右脳記憶に特化した学習術です。右脳記憶を試したことがない方は、慣れるのに時間が掛かります。しかし、記憶量が格段に違うのは確かなので、興味がある方は試してみましょう。


ただし、左脳が言語記憶で右脳がイメージ記憶を担っているという説は完全には証明されていません。本文の内容は一般論であって、今後明確に否定される可能性があります。現代の脳科学で判明しているのは左脳と右脳がそれぞれ別の役割を担っているということであって、役割の内容については多種多様な議論がされています。留意をして下さい。

スポンサーリンク

 

記憶のメカニズム カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ