イメージ画像

記憶力は鍛えられるのか?

    ■結論から言えば・・・

    • 記憶力が鍛えられるのかは不明。
    • ただし、記憶力を維持することは可能である。
    • 運動や読書の記憶力の保持に有効だと言われている。

この記事の立場は、記憶力を鍛えられるかどうかは分からないというものです。しかし、脳に良いことをすることで、記憶力を保持することは可能であることはほぼ確実なようです。この記事では10のトレーニング法を紹介しているので、ぜひ実践して下さい。


スポンサーリンク




一時期、脳トレがもてはやされましたが、果たして記憶力は鍛えられるのでしょうか?

脳科学的には、脳には可塑性(かそせい)があると言われています。可塑性とは、柔軟に変化するという意味で、訓練次第で脳は筋肉のように鍛えられるという説があります。

デスク

仮に、脳が鍛えられるものでなく、記憶力もその限りであってもトレーニングには意味があります。脳トレは「脳が衰えないようにする」ことを確実に保証しているからです。頭の健康管理は十分可能なのです。

したがって、記憶力を鍛えるトレーニングは日々の生活に取り入れるのが賢明。劇的な変化はないかもしれませんが、少なくとも記憶力の低下は予防できます。記憶力を鍛えるトレーニングを以下にまとめました。



■記憶力を鍛える10の方法

 

(1)脳に良い食事をする

 

脳に良いとされる巷で有名な食べ物を食べてみよう。ブルーベリー、魚、卵、ほうれん草、いちごなど。また詳しいことは後日紹介する。

 

(2)運動

 

運動によって、思考を司る前頭葉の血流量が増えるため、計算能力が向上する。写真を撮る行動でも、運動と同じような効果が期待できる。

 

(3)脳ゲーム

 

何もしないよりは脳の運動になるので、試してみよう。ネットや手持ちのゲーム機で試してみよう。

 

(4)カフェインを摂取する

 

カフェインを摂取することによって、短期記憶力と注意力を司る脳の中枢を刺激する働きがある。

 

(5)読書

 

音読で脳を活性化させたり、イメージすることで脳に刺激を与えよう。

 

(6)興味・関心を持つ

 

勉強内容に対して好奇心を持つことが、記憶の定着が上がると言われている。

 

(7)充分な睡眠

 

睡眠を取ることによって、記憶の定着がよくなる。また、睡眠不足だと集中力が低下するので気をつけよう。

 

(8)復習する

 

効率よく復習することによって、忘れないように気をつけよう。

 

(9)音楽を聴く

 

音楽と勉強内容がリンクして思い出しやすくなると言われている。

 

(10)他の人と情報を共有する

 

教えたり、教えてもらったりすることで、理解が進むと言われている。また記憶が鮮明になりやすい。

スポンサーリンク

 

記憶力を鍛える方法 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ