イメージ画像

良質な睡眠が記憶力を高める

ホテルのベッド

睡眠については、未だに多くのことが謎に包まれており、研究者たちを悩ませています。それでは、睡眠がどのように記憶と関係しているのか、解明されている部分を引きつつ、睡眠の重要性について考えてみましょう。

記憶は睡眠中に整理され、定着します。まだ詳しくは解明されていませんが、夢は脳が情報を処理している間に見ているものではないかという説もあります。いかに睡眠と記憶が関係しているかを物語っています。

はっきり言って、眠い目をこすって勉強をしたり、一夜漬けをするのはムダです。早めに寝た方が記憶できるのです、寝る子は覚えるのです。

一昔前は「四当五落(よんとうごらく)」と言って、四時間睡眠なら大学に合格して、五時間寝たら落ちるという通説がありました。しかし、記憶のメカニズムから言ってもデタラメです。睡眠不足で勉強してもこはかどりませんから、夜は早めに就寝して、朝早く起きて勉強する方がベター。

 

ちなみに、記憶が定着する時間帯が存在します。脳のゴールデンタイムで午後10時から深夜2時までの4時間が、記憶の整理がしやすいです。

加えて、身体に良いホルモンが分泌され、細胞の生まれ変わりが活発になるので、脳だけでなく、身体やお肌にも効果的な時間帯なのです。

結局のところ、早寝早起きの勉強が勉強には最適なのです。規則正しい生活こそが、記憶力を支えているのです。「寝る子は覚える」のですね。

スポンサーリンク

 

記憶力を鍛える方法 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ