イメージ画像

メモリツリー記憶法で放射思考する

メモリーツリー記憶術とは、ひとつのことについて派生する、関係するキーワードをどんどん書き出していき覚えていく記憶術のことです。

主に歴史・地理などの社会系の科目で、実力を発揮する記憶術です。たとえば、織田信長をキーワードにすると、桶狭間の戦い、姉川の戦い、楽市楽座、豊臣秀吉、本能寺の変、前田利家、オランダ、種子島、鉄砲、お茶好き、敦盛の舞・・・・など数々のキーワードが出てきますが、これを書き出して関連するキーワードごと線で結んでしまいます。

信長のメモリーツリー

 

こうすると、織田信長が軸になる木のような形となるため、メモリーツリー記憶術と呼ばれています。面倒臭そうですけど、やってみると意外と楽しい。また、出来上がった物は写真的記憶術と絡めて眺めやすいところに貼ってみるのも一つの手でしょう。小まめに紙を眺めるのです。

方法は、紙の中央にキーワードをおいて、そこから関連する派生語を次々に書く。派生語から派生語が発生する場合はそれも連ねて書く。

派生語同士が繋がる場合はそれも線でつなげる。なんども繋がった語は重要な語句であるから、マーカーで印をつけましょう(例では鉄砲)。こうやって放射的思考をすると、自分が今どれだけ記憶できているかが非常に分かりやすい。社会系が苦手な人におすすめな手法と言えます。

ただし、メモリーツリーを作成するのに時間をかけ過ぎてはいけません。本格的にキレイで見やすいものを作ろうとすると、1~2時間はかかってしまいます。勉強時間が不足してしまうと、本末転倒になってしまうので、サクッと作ることを心がけましょう。

スポンサーリンク

 

いろいろな記憶術 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ