イメージ画像

記憶しやすい時間帯

    ■結論から言えば・・・

    • 脳科学的に記憶しやすい時間帯は、午前4じから午前10時。
    • 脳がパフォーマンスを発揮しやすい時間帯なので覚えやすい。
    • 起床直後は、脳疲労もないので、勉強にもっとも向いている。

結論を先出しすると、朝型生活は情報を記憶しやすいだけでなく、集中力も発揮しやすいです。いいことづくめの早朝勉強について解説しました。


スポンサーリンク




脳科学的に、記憶しやすい時間帯は存在します。午前4時から午前10時頃までがもっとも記憶しやすい時間帯と言われています。この時間帯は脳が活発に働く時間帯なので、記憶力だけでなく、集中力も発揮できます。

時計

また、睡眠という意味で、記憶しやすい時間帯も存在します。午後10時から午前2時までは脳のゴールデンタイムと言われており、この時間帯に睡眠を取ると、脳が情報を整理し、記憶として定着しやすいのです。


また、この時間帯は成長ホルモンが豊富に分泌されたり、細胞の新陳代謝が効率的に働きます。脳だけでなく、身体的にも「最も回復しやすい時間」で、脳にも身体にも正の相乗効果を与えると考えられています。

この2つの時間帯を忠実に守れば、学習の効率が確実に向上します。午後10時に眠っていれば、朝の4時5時に起きることはそれほど難しいことではないでしょう。自然と目が覚める方も少なくないでしょう。


早朝は、睡眠によって疲労が回復しているので、頭がスッキリして頭が冴えています。環境的にも、早朝は静かなことが多いので、勉強に向いていますね。当然、学習した内容が記憶に定着しやすく、最高です。

早寝早起きをしよう、という結論ですが、健康にも脳にも最高です。
受験生はえてして夜型になりがちですが、間違いなく朝型が有利です。

スポンサーリンク

 

記憶力を高める勉強法 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ