イメージ画像

アウトプットを意識したドラッカーの勉強法

    ■結論から言えば・・・

    • 勉強のテーマと計画を決める。
    • インプットする。
    • アウトプットする。

ドラッカーの勉強法のポイントはアウトプットを重視していることです。

勉強しっぱなし、インプットしっぱなしではなく、その知識を試す機会を重視します。アウトプットによって、知識がより定着するだけでなく、知識は道具に過ぎないからです。ドラッカーの勉強法に迫りましょう。


スポンサーリンク




「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」が話題になっていますが、今回はドラッカー本人の勉強法について注目してみましょう。

ピーター・ドラッカーは、ピーター・ファーディナント・ドラッカーという名前で、1909年オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系経営学者で、社会学者でもありました。

ドラッカーは数々の経営原論や企業の組織原論を発表し、様々な概念を世に生み出しました。「民営化」や「知識労働者」などの現在のニュースや新聞で馴染みのある言葉は彼の造語です。言葉も作ったのです。

彼は著書の中で、これからの社会が知識社会になることを予言しており、経済の中心資源が知識になるとしていました。「これからの学習は一生もので、卒業と同時に終了するものではない」と強調しています。


そんなドラッカーは様々な著書の中で自らの勉強法を紹介しています。その勉強法はシンプルなもので、ポイントは以下の4つになります。


    ■結論から言えば・・・

    ① 勉強のテーマを決める
    ② 勉強の計画を立てる
    ③ インプットする
    ④ アウトプットする


まず、毎年新しい勉強のテーマを設定して3ヶ月間集中して勉強します(例えば定期試験)。同時に3年をスパンとする計画を立て、3ヶ月テーマの勉強と平行するようにして勉強します(例えば、受験勉強)。

次に、勉強して情報をインプットする。その後、インプットした情報をアウトプットすることが重要です。つまり、定期試験勉強をしたら、定期試験でその情報をアウトプットしなければなりません。3年間テーマの受験勉強したら、受験勉強でアウトプットしなければなりません。


ドラッカーの書籍を読めば、アウトプットという言葉が頻繁に使われています。なぜ、ドラッカーはアウトプットにこだわったのでしょう。著書『マネジメント』においてドラッカーはこのように述べています。

    ■結論から言えば・・・

    事を生産的なものにするには、成果すなわち仕事のアウトプットを中心に 考えなければならない。技能な知識などインプットからスタートしてはならない。 技能、情報、知識は道具にすぎない。

    ~P.F.ドラッカー「マネジメント」


つまり、知識はアウトプットされて初めて活きるのだから、徹底的にアウトプットを前提にして勉強しよう、ということです。アウトプットの方法は試験でも発表会でも、友達に教えるでもなんでも構いません。

勉強したら、その努力を発揮する場を必ず持たなくてはいけません。
生涯勉強したドラッカーの勉強法は実践ありきの正攻法だと思います。

スポンサーリンク

 

偉人・著名人の勉強法 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ