イメージ画像

受験生こそ運動するべき理由:ストレスが解消されて、脳が活性化します。

    ■結論から言えば・・・

    • 有酸素運動によって、脳のニューロンが増加することが判明。
    • 研究によっては、記憶を司る海馬の容積の増加が認められた。
    • GABAと呼ばれる精神安定を促す物質が分泌されることも判明。

結論から言えば、脳を鍛えるには運動しかありません。近年の研究で、
有酸素運動が脳機能を飛躍的に向上させることが分かってきたのです。

この記事では、運動によって学習能力を伸ばす理由を解説しました。


スポンサーリンク




■運動は頭が回転するための前提。

我々の祖先は肉体労働をすることで生きてきました。
特に、定住する以前は、移動しながら進化しました。 テクノロジーが発達して、運動をしなくても生きていけるようになったのは、つい最近。

しかし、我々の身体の構造が突然変わるわけはなく、脳が回転するには運動が前提なのです。人類は歩きながら進化したからです。

さて、受験生は膨大なインプットが必要ですし、モチベーションを維持する必要があります。 やる気がなくなってしまい、いまひとつ勉強に身が入らない受験生の方も多いことでしょう。率直に行って、受験生の場合は、そもそものメンタルがあやうく、うつ気味になりがちですね。

    ■結論から言えば・・・

    解決策は簡単。運動をしましょう。

運動と聞くだけで「面倒くさい」と嫌がるかもしれません。
しかし、運動のメリットを知れば、あなたも取りかかるかもしれません。

    ■結論から言えば・・・

    ・運動は、脳全体をバランスよく鍛えることができる。
    ・脳のニューロンや栄養を送る血管の形成をうながす。
    ・いくつかの研究では、記憶を司る「海馬」が大きくなった。
    ・GABAと呼ばれる精神安定に関係する物質を出す神経が育つ。
    ・うつ病の改善にも効果があることが研究で明らかに。
    ・運動と頭脳労働はセットで行う。
    どちらか一方だけでは、脳の成長度合いは弱い。

つまり、全体的に脳の力が底上げされるのです。特に記憶力が高まり、精神安定にも一役買うのです。 浪人生は記憶力が命ですし、メンタル管理に苦心しているはずです。 オーディオブックを聞きながらランニングをする習慣を取り入れてみましょう。 全体的な脳力の底上げになりますし、気持ちがスッキリするので翌日まで引きづりません。

 

スポンサーリンク


 

勉強がはかどるコラム カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ