イメージ画像

英語の構文の覚え方

構文の学習は、日本語訳をがきるレベルまで勉強する必要があります。
そこまで学習しなければ、長文問題で問題にアプローチすらできません。また、文法問題ですら構文要素を聞いてくることさえありますね。

日東駒専レベルであれば、構文をしっかりと訳せているかどうかを問題で聞いてきます。MARCHレベルであれば、並べ替えや日本語英訳などの英作文で構文を使わせる問題もあり、構文への理解が深まらないと合格レベルに達しません。それでは、効率的な学習方法をお教えします。


まずは文法を勉強する

書店には、英語構文と銘打った参考書が多数あります。確かにこれらの参考書は受験に必要ですが、いきなり手をつけてはいけません。頻出構文なら覚えたくもなりますが、それでは今後の学習の伸びしろがありません。なぜなら、英語構文のほとんどが文法要素を含んでいるからです。

つまり、文法をしっかりと学習していれば構文理解が自然に進むのです。逆に、文法がいまいちであれば、構文学習はやっかいなものになります。いくつか代表的な構文を見て、両者の関係を確認してみましょう。

I was so tired that I couldn’t do anything about me.
「私はあまりに疲れすぎていて何もすることが出来なかった」

これは有名なso ~ thatの構文ですが、これをそのまま構文として勉強してももったいないです。どうせなら、soというものを使った文法として捉えるのです。そうすると、不定詞でもsoが聞かれ(so as to ~)、so that S V ~のthat節の文章も頭に入れることができます。すごくお得ですね。

so自体はいろいろな場面で使える非常に便利な単語です。それを理解せず、構文だけ勉強しても意味がありません。もうひとつ例を出します。

It is difficult for me to study English.

これも有名なIt ~ to 構文です。これは文法で学習していると必ず出てくるものですよね。でも、れっきとした英語構文なんです。これは主語Itがto以下に内容があるという文章ですから、重要なのはto以下の内容です。

しかし、これを学習するのは不定詞という文法事項です。やはり文法なんですね。文法をしっかりと学習することが、長文問題に大きくつながる理由はここにあります。ぜひ、文法を徹底的に学習した後で、英語構文の書籍を立ち読みしましょう。「意外と必要ないんじゃないか?」と思うかもしれませんよ。事実、筆者は立ち読みで知らないものを埋めました。

 

スポンサーリンク


 

カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ