イメージ画像

英作文の勉強法:問題が一気に解きやすくなる方法とは?

英作文は、最後にするべき勉強です。英作文が出題されない大学なら、初めから手を出さないことをオススメします。また、英作文が1題しか出題されないような大学なら正答できなくても合格できます。長文読解やリスニングの勉強をして時間が余るなら勉強するという考え方で十分です。

さて、英作文といっても皆さんが知っている「並べ替え問題も」れっきとした英作文の問題なんです。これはどの大学でも出題しますから、文法や構文をしっかりと勉強しておきましょう。より難しいのは「日本語英訳問題」かと思います。日本語を英語に直す場合、表現は幾らでもあります。

しかし、問題集の模範解答には「この表現を使いなさい」という解説がついており、暗記しなくてはいけないと思いがちです。実際は、答えは何通りもありますから、一つの表現にこだわる必要はまったくありません。

まずは簡単な日本語に直す

それでは、どのようにアプローチするか。まず、出題された日本語を自分で、さらに簡単な日本語に解釈することができるか?がポイントです。

難しい言い回しの日本語を簡単にすることができれば、英語で書くことも可能になります。解説を読んだ時に、なぜこんな難しい表現なのか?と思うことがありますよね。それは、この日本語の解釈があるからなんです。書いてある日本語をそのまま英訳するなんてことは実際には出来ません。


もともと言語が違うんです。だから、出題された日本語の大事な部分をしっかりと押さえて、それを簡単にする。この作業ができれば、日本語英訳の問題も手がつけられるようになります。 結局のところ読解力なんです。

現代文の勉強がこう言うところで活きます。英作文を英語ととらえるのではなく日本語ベースの問題だと理解しましょう。 最後に、自由英作文ですが、基本は長文問題でみなさんが読んでいるような文章が書ければ合格。

使う単語は簡単なもので構いません。しっかりと文法要素をからめて、一文を長く書くことがポイントです。関係代名詞やthat節、前置詞句などを活用すれば、いくらでも文章を長くすることが出来ます。


そして、最後の重要ポイントとして挙げられるのが、構成です。基本的な英語の文章はトップダウン方式です。自分の意見を先に書き、それに関しての理由付けや具体例などを書いていく構造をそのまま真似ましょう。

あとは時事問題が多いので、ニュースで取り上げられた社会問題などはしっかり押さえて、自分なりの意見を持つようにしておきましょう。

 

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ