イメージ画像

DMAE(ジメチルアミノエタノール)が記憶力と集中力をサポート

日本では、魚に含まれる栄養分と言えばDHA/EPAが有名です。しかし、海外ではイワシなどの含まれる成分であるDMAE(ジメチルアミノエタノール)もとても有名。DMAEは、記憶力や集中力の向上をサポートすると考えられています。また、抗うつ効果や睡眠の質が向上するという説も。

DMAEの働きは、以下の通りです。脳には、記憶力や認識力に関わる「アセチルコリン」という神経伝達物質があります。DMAEは、アセチルコリンの原料となる『コリン前駆体』という物質です。つまり、DMAE⇨コリン⇨アセチルコリン⇨脳に働きかけるというのが、この成分の働きです。

DMAEは、DHAと同様に脳の「血液脳関門」を通過できる数少ない成分です。脳内に入ったら酵素でメチル化されて、コリンになり、さらにアセチル化して、アセチルコリンとなります。そして、脳に働きかけるのです。

記憶力の増強を目的とした場合、1日に100~1000mgの摂取が目安です。イワシやアンチョビ、サケなどに豊富に含まれています。DHAやEPAを目当てに青魚を食べている方は、自然に摂取しているかもしれませんね。サプリメントも販売されており、いわゆる「スマートドラック」のひとつ。


筆者の体験談

筆者はamazonでDMAEのサプリメントを購入しました。もちろん、集中力と記憶力の向上が目当てです。結論から言うと、記憶力については実感できませんでしたが、集中力に関しては明らかに向上しました。

服用3週間で「思考がクリアになる感覚」を実感。筆者は気持ちが落ち込むと、思考にモヤがかかって、やる気や集中力が落ちてしまいます。 意識が自分の肉体に乗って、まるでテレビを見ているように現実を眺めるような感覚になってしまいます。現実感がなく、うつろになるのです。

しかし、飲み始めて3週間弱で、この感覚が消えて、肉体と精神が一致。 目の前の作業に没頭できるようになり、作業スピードが格段にアップ!!


集中したいときに集中できるのは本当に楽しい!仕事が面白いからどんどん片付き、どんどん片付くから楽しいという好循環が起こりました。以前は、仕事に退屈を感じるとYouTubeを見たり、スマホでゲームをしていましたが、最近はこのような脱線はまったく起きません。落ち込むことも減ったので、抗うつ効果もあるのかもしれません。

ただし、空腹時にサプリを飲むと、胃が重くなります。胃に負担がかかるようです。食後に飲むようにすると、このような症状は感じません。体質もあると思いますが、今後DMAEのサプリを飲む場合は留意して下さい。

 

スポンサーリンク


 

カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ