イメージ画像

エタノールの化学式の覚え方

今回はエタノールの化学式を解説します。 皆さん、エタノールと聞いて何が思い浮かびますか?実は、エタノールは私たちの身近に存在します。

例えば、ビールや、学校に置いてある消毒用スプレーがあります。風邪が流行った時には、手洗い後にスプレーをかけた方もいるかもしれません。


さて、そんなエタノールですが、その化学式は「CH3CH2OH」です。
詳細な解説をしましょう。CH3CH2OH私たちに2つのことを示します。

  • 炭素鎖がいくつ繋がっているのか。
  • どんな種類の化合物に分類されるのか。

「CH3CH2-」の部分を見ると炭素鎖が2つ連続して結合しているのが分かります。そしてこの形は「CH3CH3」のエタンととても似ていることが連想できます。それもそのはずで「エタノール」という名前は「エタン」と「オール(②で説明するアルコールを意味する接尾語)」から由来しています。 この法則により色々なアルコールを作ることもできます。

  • メタン:CH4 → メタノール:CH3OH
  • プロパン:CH3CH2CH3 →プロパノール:CH3CH2CH2OH
  • ブタン:CH3CH2CH2CH3 →ブタノール:CH3CH2CH2CH2OH
  • ヘプタン:CH3CH2CH2CH2CH3 →ヘプタノール:CH3CH2CH2CH2CH2OH

どのアルコールを見ても「オール」とくっついているのが分かりますね。



~②~

①の部分でも述べたように「-OH」の部分はその化合物が「アルコール」の種類に含まれることを示しています。これによって、ある化合物の化学式を見たときに、その化合物がどのような性質を持つかなどを、ある程度予想できるようになります。

    アルコールの他にもアルデヒド、ケトン、カルボン酸などに特有の化学式がありますので紹介しておきます。他にもたくさんありますが、受験に出やすいのはこの3つだと思います。

  • アルデヒド:-CHO
  • ケトン:-CO-
  • カルボン酸:-COOH

~まとめ~

本題のエタノールの化学式の覚え方についてです。 ①、②のことをしっかりと理解できればエタノールの化学式はすぐに書けるようになるはず。

もう一度まとめとして復習しますと、まずエタノールの言葉の由来を推測して「エタン」と「~オール」であることを導きます。そして、それらの化学式を書いてみると、「CH3CH3」と「-OH」の二つになりますね。最後にこのふたつをくっつけて「CH3CH2OH」と書けます。

いかがでしたか?エタノールの書き方を覚えることで、他のアルコール類の書き方も同時にマスターできます。ぜひ、反復練習をして下さいね。
一度覚えてしまえば簡単なので、覚えるまでは頑張りましょう。

 

スポンサーリンク


 

カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ