イメージ画像

漢文の基礎知識:白文、訓読文、返り点など

漢文には独特な専門用語があります。まずは、それを押えていくことが勉強のスタートです。基本的にどの教科書も参考書も、専門用語で説明されていますから、まずは用語の意味を押さえましょう。

まずは、白文です。これは単純に漢字が羅列されているだけの文章です。送り仮名も訓点も何もついていない文章です。読んだことのない文章であるなら、さっぱりわかりません。簡単に言うと、原文ということです。


次に、訓読文です。漢文の文体をそのままに、符号(レ点)・送り仮名をつけることで、日本語の語順で読めるようにしたものです。

訓読文が大学受験の問題文として登場します。純粋な訓読文ならいいのですが、返り点だけで送り仮名がないものも問題文では出題されます。そのため、漢字が読めるに越したことはないですね。

送り仮名は歴史的仮名遣いで書かれています。つまり「思ふ」と書かれているということです。読むときは「思う」と読みますが、書く場合は歴史的仮名遣いの「思ふ」と書かなければいけません。歴史的仮名遣いは古文の文章をしっかりと学習していれば難なく読めてしまいますね。


さて、次は返り点です。返り点は、読む順番を指示するものです。レ点は特に有名ですね。レ点、一二点、上下点、甲乙点は漢文の文章を読むときには必須アイテム。これを学習することが漢文を解く近道なのです。

これも漢文に関する知識ですが、漢文には置き字と呼ばれるものが存在します。置き字は、漢字として書かれてはいるものの、読む場合も書く場合も必要ないものです。置き字は3つほど押えておけば十分です。

最後に、書き下し文に関するルールがあります。先ほども書きましたが、歴史的仮名遣いを使って書き下し文を書くことが必要です。そして、日本語の助詞や助動詞はひらがなに直して書くことも忘れてはいけません。


漢文で押さえるべき基礎はそれほどありません。正直、一日あれば最低限のルールはすべて覚えられてしまうはず。したがって、ダラダラと取り組むのではなく、短期間で終わらせるべきです。他の科目に時間を割かなければなりませんから、さっさと終わらせてしまいましょう。

 

スポンサーリンク


 

カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ