イメージ画像

漢文の単語:100語覚えれば対応できる。

 

みなさんもご存知の通り、漢字にはそれぞれ意味があります。この意味が漢文では重要になります。漢字の読みは、漢文を理解する意味でも、単語を判別する意味でも重要になってきます。ただし、一般的に学校で習う漢字だけで漢文は読めてしまいます。したがって、漢文であらためて勉強するべき漢字は、現代で使われている意味と異なるものだけなのです。

それでは、少しだけ具体例を挙げましょう。例えば、「謝」という漢字があります。これを見たときに、みなさんの頭の中に「感謝」という言葉が思い浮かべば、おのずと意味も想像できるはず。ただし、逆に「謝罪」という意味もあるので、最終的には文脈で判断しなければいけません。


それでは「自」ではどうでしょうか。「自分」とか「自ら」なんて考えてしまいますよね。しかし、答えは「より」。前置詞で、時間や空間の始まりを示します。漢文特有の読み方なので、初見では分かりません。

したがって、このような漢字はあらためて覚える必要があります。ただし、心配は無用。受験に必要な単語数は100語程度と言われています。

英語は5000〜10,000とも言われているのですが、たった100語です。どれだけ勉強しやすいことか。1週間もあれば、簡単に暗記できますね。


書店に行くと漢文単語集なるものが売られています(昔はセンター試験で満点を目指すため購入したものです)。しかし、現代は教材がいとも簡単に手に入ります。実際、100語程度の単語ですから、パソコンで漢文単語と検索すると、単語集や単語テストがヒットするのです。スマートフォンのアプリストアで検索すると無料アプリがヒットしました。

したがって、お金をかけることなく、漢文単語は勉強できるようになっています。 しかし、単語を勉強するにあたって重要なことは、前述のように読めるかどうかです。だから、必ず音読をしてください。単語を覚えるときは必ず音読です。漢字であろうと音読を繰り返し行ってください。

 

スポンサーリンク


 

カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ