イメージ画像

古文の単語の覚え方:400語程度を覚えればOK!

  • 1.単語は、400語覚えれば受験に対応できる。
  • 2.単語帳は「単語」「意味」「派生語」「例文」が掲載されていれば、どれでもOK。単語帳で差がつくことはない。
  • 3.まずは単語の意味を覚えて、次に例文をチェックする。また、派生語も重要で、派生語の方が出る単語もある。

 

古文単語は400語を覚えれば十分です。書店の古文コーナーを見ると、300語~500語程度の単語帳が販売されています。正直どの単語帳でも構いません。自分に合ったものを選べば、十分に学習できます(笑)。

「あの単語帳がいい」「あの単語帳はダメ」という議論は無駄なので、そこに時間とエネルギーをかけるのはやめましょう。どの単語帳であっても、センター試験や二次試験に必要な語彙を身につけることができます。

さて、古文の勉強法でも解説しましたが、古文単語に時間をかけてはいられません。時間的余裕がある受験生はじっくり勉強してもいいのですが、大多数の人にそのような余裕はありません。特に理系の受験生は、古文にかける時間が惜しいはず。単語帳をさっさと読破してしまいましょう。


具体的な覚え方ですが、1日で読破します。古文単語を音読しながら最後まで読みきります。そして、次回は古文単語を読み、意味を読んでを繰り返します。音読は効率的な学習法です。自分で読み上げて、それを耳で聞いて、さらに目で見るという音読学習は短期集中で覚えるのにピッタリ。

単語とその意味をすべて覚えたら、今度は例文を音読しましょう。実際の文章のなかでの使い方を学習するためです。また、たいていの単語帳は派生語が必ず載っているので、派生語も含めてチェックします。単語によっては派生語の方が実際の文章に登場するので、こちらも外せないのです。

古文単語は1~2週間である程度のレベルにまで到達させましょう。「そんなに早く?」と思うかもしれません。しかし、そんなに早くやりましょう。一ヵ月後には、見事に忘れていますから。しかし、1か月後に、同じことを繰り返すのです。そうすることで、きっちり定着するはずです。

 

スポンサーリンク


カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ