イメージ画像

古文の敬語の覚え方:単語のように覚えてしまえ

  • 1.古文は主語が省略されやすい文章である。
  • 2.敬語を理解することで、動作の主語が特定できる。
  • 3.古文の読解力が高まり、物語を正確に理解できる。

古文理解で重要なのが「敬語」です。敬語を理解していないと、古文は読めません。古文は主語が省略されやすいので、敬語が分からないと主語が特定できないからです。難関大学の過去問を見ても、登場人物のいない文章を出題して、敬語から登場人物を推測させる問題が頻出しています。

敬語の勉強をしていない人にとっては手も足も出ません。このような問題が容赦なく出題されるので、敬語は確実にマスターする必要があります。

また、センター試験をはじめ、各大学の問題文に敬語がない文章はほとんどありません。敬語がない文章は、ほとんど皆無と言っていいでしょう。


それでは、敬語の学習法についてお教えします。 さて、尊敬語から解説します。尊敬語は動作の主体に対する尊敬を表しています。つまり文章中で一番位の高い人に対して使われている表現です。もしも、尊敬語が使われているのに、人物の描写がない場合は「天皇」の可能性が高いのです。

天皇なら尊敬語が使われて当然ですね。「おはす」や「のたまふ」などの尊敬語は会話文なら会話主から動作主へ、それ以外なら作者から動作主への尊敬を表します。したがって、一般的な尊敬語を一通り覚えましょう。


謙譲語は、動作を受ける人に対する尊敬です。つまり、動作主の相手の位が高ければ謙譲語が使われます。例えば、天皇が何かをするのであれば尊敬語が使われますが、誰かに何かをされる場合には謙譲語に変わります。

ですから、これも一通り覚えて、本文で確認していくようにしましょう。「申す」は現代語では使う言葉ではありませんが、古文では謙譲語です。

現代での「言う」という意味が尊敬語では「のたまう」でも謙譲語では「きこゆ」や「申す」となります。同じ意味でもまったく使い方が異なるのが敬語なのです。しっかりと分けて使えるように勉強しましょう。


前述の通り、古文は主語が省略されやすい文章です。そのため、尊敬語と謙譲語の区別がつかないと、文章の主語が分からなくなってしまいます。

文章のストーリーそれ自体が理解できなくなるので、敬語理解は古文読解にダイレクトにつながるのです。文章中の登場人物の位の高さに注目して、誰が誰に敬意を表しているのかを押さえるように読みましょう。

さて、敬語の学習法ですが、古文単語のように暗記します。単語の覚え方同様、短期集中で片付けてしまいましょう。そして、古文を読んでいれば大量に出てきますから「これは知っている、これは知らない」というように、仕分けして再度覚えます。そうすれば、自然に数は増えていきます。

 

スポンサーリンク


 

古文の勉強法

サブコンテンツ

このページの先頭へ