イメージ画像

古文の現代語訳のやり方

  • 1.現代語訳は古文文法をマスターしていなければ不可能。
  • 2.基礎に立ち返り、単語、文法を徹底的に復習する。
  • 3.基礎固めが済んだら、短文から訳す練習をしていく。

古文の現代語訳は、基礎をクリアしないと絶対にできません。単語を覚えるだけでも解けそうなイメージですが、まったく違います。古文単語、助動詞の意味、敬語の使い方など、古文文法のすべてをマスターして初めて現代語訳が可能になるのです。基礎をガッチリ固める必要があるのです。

すでに現代語訳ができる人は古文の勉強はほどほどにして、その他の科目に時間をかけてください。裏返せば、現代語訳ができない人は基礎固めがまだまだです。しっかりと基本に立ち返り、活用から復習しましょう。


さて、現代語訳に関して、最近の出題傾向について解説します。最近のセンター試験をはじめ、難関大学の問題を見ると、現代語訳ができても問題が解けない傾向にあります。あまりにも文章量が多いからです。全訳をしていると時間がかかりすぎてしまい、圧倒的に時間が足りなくなります。

ですから、必要部分だけを訳せる解法テクニックも必要です。しかし、昔から問題自体の種類はさほど変わっていません。文章量が増えているというだけで、傾向自体は変わっていないのです。したがって、解き方は重要なテクニックですが、文法などの基本を徹底的に確認しましょう。

すべては現代語訳につながっていると意識して取り組んで欲しいのです。 動詞の活用、形容詞の意味、助動詞の接続と意味、そして古文単語です。


これらの勉強が終了したら、短文で現代語訳の練習をします。それを何度も繰り返して、だんだんと文章の長さを長くしていく。最終的には、センター試験の現代語訳ができるようになれば、一定の水準に達しています。

現代語訳に自信がついたら、今度は時間を計ってチャレンジします。そうすることで解法テクニックが身につきます。また、どの辺りに傍線がひかれ、どのような問題が聞かれやすいのか?も同時に見えてくるのです。

問題集もセンター試験の過去問や受験する大学の赤本など、実践を想定したテキストを使用することで、より活きた力が身につくことでしょう。

 

スポンサーリンク


 

古文の勉強法

サブコンテンツ

このページの先頭へ