イメージ画像

電車での勉強を効果的にする「シャドー読み」スキマ時間だけで英単語を覚えた暗記法とは?

電車の中で英単語帳や歴史の一問一答で勉強している受験生の方もいらっしゃるでしょう。 しかし、ほとんどの人は黙読をしているだけでしょう。これは、すごくもったいないです。「シャドー読み」をしましょう。

シャドー読みとは、実際に声こそ出しはしませんが、まるで声を出しているかのように口を動かす手法です。歌っている真似をすることを口パクと呼びますが、シャドー読みでは教科書や参考書を口パクするのです。


実は、口の周りの筋肉は記憶力と関係しています。人間は言葉を話すことで言語を習得しました。具体的には、口の形で発音やアクセントを習得しており、人間は進化の過程で口の筋肉と脳が強く結びついてきたのです。

事実、私たちは日本語を喋ることで習得しましたね。親の話す言葉を真似ることで習得したのであって、単語帳や文法書を頼りにはしていません。口には、それほどの学習能力があるのです。理想的なのは「音読」をすることでですが、シャドー読みでも音読に近い学習効果が得られます。

口を動かすことで、実際に発声するのと同じ筋肉が動き、脳の運動を司る部分の「運動野」が刺激されます。さすがに音読ほど脳が広範囲に活動するわけではありませんが、それに似た脳の使い方が出来るのです。


したがって、電車内の勉強では、積極的にシャドー読みをしましょう。
学生時代、筆者もZ会の『速読英単語』を必死にシャドー読みしました。

やはり、記憶への定着率が抜群で、筆者は英単語の学習を電車内でしか行っていません。通学の往復30分だけで、単語暗記をカバーできたのです。ただ口を動かすだけなのに、スキマ時間の充実度が格段に高まるのです。

また、黙読は、頭の中での作業なので、どうしても集中力が途切れます。しかし、口の動きと連動させると、1つの作業としての強度が途端に高まり、真剣に取り組むようになります。ガッチリとした勉強になるのです。

口を動かして学習しましょう。周囲の視線が気になる場合は、マスクをすればシャドー読みに専念できます。イヤホンで英単語のCDを聴く場合でも、一緒にシャドー発音しましょう。聞き流すだけでは不十分です。

 

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ