イメージ画像

ガムがもたらす勉強への効果とは?集中力と記憶力が増すことが判明!

ガムを噛むと、記憶の中心的役割を果たす海馬を活性化させるだけでなく、扁桃体(感情を司る)のストレス反応を抑制します。ストレスが和らぐ⇨リラックス⇨集中力が高まるということです。おまけに、記憶力も高まるのですから、勉強の強力なパートナーと言うことができます。

ドイツで、ガムの学習効果についての実験がありました。30~70歳までの男女20人を対象に、10人にガムを噛ませて、残り10人にガム無しで45分間の授業を受けてもらいました。ガムを噛みながら勉強したんですね。

結果として、ガムを噛んで授業を受けた人ほど集中力が高まったのです。普段からガムを噛んでいる人にとっては予想通りの結果ですが、なぜ、ガムを噛めば集中力が高まるのか?この理由は意外に知られていません。


結論を言えば、理由は2つあります。

(1)噛むことで脳の血流が増加する。(2)脳への酸素量が増加する。


脳の血流増加

ガムを噛むことで脳への血流が増加します。顔には咬筋(こうきん)と言う筋肉があります。咬筋で噛むことによって、三叉神経(さんさしんけい)が刺激されて、その刺激で脳への血流が増加します。人間が思考をするには、普段以上の血液を必要とするので、脳への血液供給は重要です。

人間はモノを考えると、脳の対応する場所に血液と酸素が供給されます。しかし、血の巡りが悪いと、どうしても上手に考えられなくなるのです。そのため、ガムを噛むことで「考える力」をサポート出来るのです。


酸素量の増加

ガムを噛むことで、脳内への酸素供給量が増えることがわかっています。事実、勉強中にガムを噛んでいた被験者の心拍数が高くなったのです。

前述の通り、脳は考えるのに酸素を必要としており、より多くの酸素が送り込まれた方が記憶力や集中力も高まります。ウォーキングやランニングなどの有酸素運動をすると、頭が冴えてきますが、あれは脳にも酸素が送り込まれるからです。頭の明晰さには、ぜひとも酸素が必要なのです。

逆に、脳内の酸素濃度が低下すると、働きが鈍くなってしまいます。呼吸が浅い方や鉄分不足になっている方は、脳の酸欠が起きやすいので注意が必要です。部屋にこもって勉強している人は、定期的に窓を開けて空気の入れ替えをしましょう。それだけでも、部屋の酸素濃度が変わります。


どんなガムでもOK

 

以上、ガムの学習効果について解説しました。ガムを噛むと脳への血流と酸素が供給されて、集中力と記憶力が高まると言うことです。コーヒーと同様、受験生や資格取得を目指す人にとって強い味方になるのです。

ちなみに、どんなガムでも構いません。ガムと言うより、噛む行為に意味があるからです。糖質が気になっていたり、縁起を重視するならキシリトールガムがオススメです(きっちり通る!)。眠気覚しならブラック・ブラック、メガシャキが良いでしょう。


 

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ