イメージ画像

日本史の暗記事項の覚え方:合格者は自分のスタイルを確立している。

    ■結論から言えば・・・

  • 筆者は仕事で受験指導しているが、国公立やMARCH以上の合格者たちはそれぞれの勉強スタイルを確立していた。

暗記物の筆頭と言ってもいい社会の科目。その中でも日本史や世界史は覚える量も範囲もとても広いものです。日本史は広く深い知識を要求される科目であり、文化史や経済しなどテーマ別でも問題も作成されてしまう厄介な科目ですね。しかし、受験科目なので処理しなければいけません。

筆者は日本史を選択しました。正直、好きな科目だったからです。 結論から言うと、効率的な暗記法はありません。みもふたもないですが、覚えて忘れて、覚えて忘れてを繰り返して、知識を定着させるしかありません。確実にアウトプットできるようにトレーニングを重ねる必要があります。

「具体的な勉強法がないのかよ!」と思うかもしれません。しかし、筆者は仕事で受験指導をしていますが、受験生たちを見ていると様々な方法を取り入れています。特に国公立やMARCH以上の合格者たちは、それぞれ異なるスタイルの勉強法を取り入れており、本当に千差万別でした。

つまり、自分に合ったスタイルを見つけているということがポイント。
勉強をしていく中で、そのスタイルにたどりついたのでしょう。日本史が好きか嫌いかでも変わってきますが、まずはそれを見つけることが最初の勉強です。ひとつの参考として、筆者がした勉強法を紹介しましょう。

 

スポンサーリンク


 

まず、最初は通史を徹底的に行ってください。時代の流れを徹底的に押さえる。その次に、細かな部分を押さえるために一問一答を使います。

そして、また通史に戻ります。一問一答で覚えた語句を通史の中で確認するのです。そして、また一問一答に戻ります。このルーティーンを少なくとも5回は繰り返しましょう。そして、ここで初めて問題集を解きます。

そこで自分の得意な時代と不得意な時代がわかると理想的です。覚えやすい時代とそうでない時代があるのも日本史の特徴です。好きな時代があることは受験においても心強いですからね。


そして、また通史の勉強、特に不得意な時代を中心に勉強します。それから、一問一答を勉強して、以前勉強した問題集に取り組むのです。

それでも覚えられない時代があるなら、その時代を徹底的に勉強します。参考書を使ってもいいし、予備校の授業を取ってもいいです。 半年はこの繰り返しですね。反復学習によって、ある程度の知識は定着します。

少なくとも時代の流れは押さえられるでしょう。教科書を音読してもよし、予備校の授業を聞き込んでもよし、実況中継のCDをスマホで聞いてもよし。とにかく繰り返しの勉強になることを覚悟しましょう。

 

スポンサーリンク


 

カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ