イメージ画像

日本史の一問一答の使い方

  • 日本史では通史が絶対なので、教科書の読み込みが基本。
  • 一問一答は知識が定着度を確認するためにのみ使用する。

一問一答の使い方をマスターすることは、高得点を狙う上でも重要です。電車のなかや通学途中で本を開き勉強している受験生の姿を目にします。一問一答の使い方として、スキマ時間に学習するのには優れています。

ただし、一問一答を完全に把握したからと言って、試験をパスできるかと言うと、そういうわけにはいきません。 一問一答を活用するのは、事件名や人物名をしっかり定着させるためです。つぎはぎの知識にしかならず、それだけでは試験では使えません。日本史の勉強では通史が絶対です。

通史をしっかりと学習して、その補助として一問一答を使うというスタイルでなければいけません。一問一答は通史よりも地位が低いものです。


筆者は仕事で進路指導をしているのですが、一問一答を効率的に使った受験生がセンター試験をはじめとする大学入試で高得点を取っていました。

センター試験をはじめ、難関私立大学の多くがマークシート形式を採用したり、記号問題を多用しています。正直、記号問題に関して言えば、一問一答の問題に時間を割くよりも、時代の流れやテーマ別の問題に時間を割く方が効率的です。日本史が苦手な人は、特に記述問題を扱って欲しい。

記述問題の特徴は、時代の流れを知らないと確実に解けないこと。これは日本史の勉強をするにあたっての根本です。そのために一問一答を活用していくことで、流れをつかむために必要な事件や人物を覚えていけます。

ひとつの時代の通史が終わったら一問一答を学習して、次の時代に移る。あとは、これを繰り返していく。 一問一答をガッツリやる必要はありません。答えられるだけで十分。それよりは教科書を読み込みましょう。

 

スポンサーリンク


 

カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ