イメージ画像

日本史、文化史の勉強法:ポイントは3点に絞られる

  • 文化史の出題傾向はほぼ変わっていない。大仏や建物の特徴、作品と作者名、文学や絵画の派閥。この3点に絞られる。

日本史の勉強で厄介なのが文化史です。筆者は仕事で受験指導をしていますが、文化史が好きという受験生はあまりいませんね。しかし、受験では容赦なく出題される。やりたくない勉強のランキングトップでしょう。

それでは、この文化史をどのように攻略するべきか?具体的な勉強法を考えてみます。結論から言うと、文化史は、日本史で最後にする勉強です。

日本史の勉強において重要なのは通史です。これが終わらない限り、絶対に文化史の勉強をしてはいけません。通史と文化史を同時にやると、知識がごちゃごちゃになるからです。文化史は文化史単体でとらえて、それだけを徹底して勉強しましょう。その方が、精神的にも楽だからです。


日本史もテーマ別で問題が出題されますが、その最たるものが文化史。まずは、教科書で時代ごとに勉強していきます。 出題パターンは限られています。有名な建物や作品が何文化か?何時代のものか?が問われます。

そのため、文化史は時代ごとに勉強するのがベストです。その際、資料問題のことも考えて教科書に出ている写真や絵は覚えてしまいましょう(ほとんどの場合、写真や絵で問題が作られてくる)。絵や写真で覚えるようにすると、意外と記憶にも残りやすいものです。苦手意識を持っている受験生は、活字だけでなく絵や写真にからめましょう。


文化史の問題の特徴ですが、出題傾向は昔からほぼ変わっていません。
大仏や建物の特徴、作品と作者名、文学や絵画の派閥という3点が頻出。

率直に言って、量が多すぎるので、この3点にポイントを絞ります。文化史専門の参考書も出版されていますから、購入した1冊をやりこむのもいいかもしれません。苦手意識が強い受験生の場合は、その方が精神的に楽でしょう。文化史は、受験生があまり時間をかけていないのが現実です。

そのため、点数で差が出ます。頑張りどころなのです。最後の一押しでライバルに差をつけたい場合は、文化史の暗記を徹底的に行いましょう。

 

スポンサーリンク


 

カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ