イメージ画像

日本史の資料問題の勉強法:過去問を見れば出題傾向が分かる。

日本史の大学入試問題、特に難関大学で頻繁に出題されるのは資料問題。センターでも出題されますが、苦手とする受験生が多いのも事実です。

資料問題は、日本史の大学入試問題の最終形態です。これが解ければ、どんな問題がこようとも向かうところ敵なし状態です。この資料問題に挑むためには、通史の勉強をしっかりとこなして時代の流れを押さえて、一問一答で記述問題にも対応できる力を養成しなくてはいけません。

過去問を、きっちりとこなしてきた受験生だけがたどり着ける領域です。
したがって、基本がまったく出来ていなかったり、一問一答の学習が不十分であれば絶対に手を出してはいけません。資料問題に挑戦するために、どれだけの時間を日本史に使ってきたかを問われていると思って下さい。


さて、資料問題に対してのアプローチ方法ですが、まず大学入試問題が教科書から作られているということを前提に考えましょう。つまり、教科書で使われている歴史的資料が出題されるということです。

教科書を丁寧に読み込んでいることの証明になるからです。大学によってさまざまですが、教科書の脚注が好きな大学もあれば、資料が好きな大学もあります。教科書に出ている歴史的資料は有名なものばかりです。

 

スポンサーリンク


 

しかし、それを時代と共に覚えていなければ、資料問題は解けない仕様になっています。資料を見て、何時代の文献かを判別できればいけません。

それが受験生にとって大きな壁です。この壁を崩していくためには、正直慣れるしか方法はありません。通史の勉強と個別の資料の勉強、これがセットです。勉強法としては、資料問題に特化した参考書を使用します。

予備校が出版している参考書が多く、過去の出題傾向をもとに構成しています。そのため、1冊やり込めば、資料問題に太刀打ちできる学力が養成されます。あとは、過去問徹底的に分析することで、その大学の出題の癖が分かってきます。この癖が分かれば、一気に得点しやすくなります。


ちなみに、難関大学になると教科書に載っていない資料が出題されることもあります。たとえ、資料のことが分からなくても、諦めないで下さい。

設問に必ず資料に対するヒントが隠されているので、設問から時代判別をします。 時代が分かれば、そこを足がかりにして、問題が解けるのです。

 

スポンサーリンク


 

カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ