イメージ画像

政治経済の参考書

政治経済の勉強は、参考書を中心にしましょう。教科書ではわかりにくいことも、スンナリ理解できます。もし、どの参考書を使うか悩んでる受験生にオススメするのは『蔭山のセンター政治・経済 パワーアップ版』。

この参考書は講義調で執筆されており、難しくなりがちな政治経済の専門用語をわかりやすく説明してくれています。これから政治経済の勉強を始める人にもわかりやすく、読みやすい参考書だと思います。

この参考書は読み物として何度も繰り返し読み込んで欲しい参考書です。また、参考書としては珍しく、時事問題も取り扱っているのも特徴です。それも一緒に勉強しましょう。

 


センター対策に最適な参考書

 

『センター試験政治・経済の点数が面白いほどとれる本』です。受験生の間では評判の参考書です。倫理と一緒になったバージョンもあります。

センター試験に頻出の用語を丁寧に説明してくれます。一見、分厚く読むのをためらうかもしれませんが、スラスラと読めてあっという間に読めるので、何度も読み返して下さい。熟読するに値する名著と言えます。
私の身近には読むだけで得点が上がった、という受験生も多くいました。

どちらも分かりやすく、重要な点をしっかりと押さえた良い参考書です。他にもさまざまな参考書があるので、ぜひ書店で立ち読みをして、お気に入りの参考書を見つけて下さい。フィーリングもかなり重要な要素です。


ただし、いろいろな参考書を手当たり次第に勉強するのはやめましょう。かならず本命を決めて、その1冊に絞りましょう。暗記できる知識が飛び石的にバラバラになる可能性があり、使える知識になりません。

ぜひ参考書がボロボロになるまで読み込んでください。また、政治経済は法律等の改正によって数年の間に教科書の中身が変わることがあります。

参考書を利用する際は、必ず最新のものを使って勉強しましょう。 政治経済は学校によっては授業がなく、独学て勉強をする人もいるでしょう。
そんな時にもつまづかないように、自分に合った分かりやすい参考書を見つけてセンター試験で高得点を目指しましょう。

 

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ