イメージ画像

政治経済の時事問題【受験対策】

政治経済の試験では、多かれ少なが時事問題が出てきます。時事問題は、配点は高くないので、余裕があれば対策すれば良いでしょう。しかし、
センター試験で9割以上を目指すのであれば必ず対策しておきましょう。

センター試験レベルの時事問題なら、最新の参考書であれば取り扱っているでしょう。内容をよく理解して、過去問で解けば十分に対応できます。 難しいのは私大の時事問題で、普段からニュースを見る必要があります。

ただし、すべての大学の入試問題で時事問題を取り扱っているわけではないので、志望校の過去問を確認しましょう。私立の入試問題で取り扱っている時事問題は細かいところを聞かれたり、やや難しい場合が多いです。


勿論、時事問題に時間はかけられません。『現代社会の最新時事』という参考書が毎年出版されているので、これを1冊読んでおけばOKです。

予備校の冬期講習を受けるのも効果的です。率直に言って、毎年出題範囲が変わる時事問題に受験生だけで対応するのは難しいものです。


 

新聞やニュースに触れるべきか?

時間的余裕がある受験生は、常日頃から新聞やニュースに目を通しておくと役に立つかもしれません。ただし、新聞を読むことが時事問題の試験対策として有効か?と言われると微妙なところです。

新聞には膨大な情報が載っています。その中から入試に出そうなる情報をピックアップするのは難しいです。日頃から新聞を読む習慣がある人は、たまたま読んだ記事が問題として出題されことはあるかもしれません。

しかし、これが受験対策になっていると勘違いしないようにして下さい。政経で高得点を狙うなら、前述のような時事問題対策を行いましょう。


私立の政治経済の入試問題ではマニアックな知識を問われることもありますが、あまり政経の受験対策に時間をかけすぎないようにして下さい。

英語などの主要科目を中心に、政治経済の対策を、そしてさらに余力があれば時事問題対策を行うという優先順位で十分でしょう。

 

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ